脱毛の方式にはどんなものがあるか

先ず、永久脱毛は法律で定めた医療行為です。[日本医学脱毛協会]
永久脱毛の定義は、米国電気脱毛協会によれば、
「脱毛の終了から1か月後の時点で毛の再生率が20%以下の場合」ということです。
永久脱毛が出来る方式は、レーザー脱毛と電気針脱毛で、これらは医療機関意外の
脱毛エステサロンでは施術すると違法です。

しかし、実際のところ、TBCでは電気針脱毛に限りなく近い脱毛方法をスーパー脱毛と
銘打って実施しており、この辺り電気針脱毛についてはグレーゾーンの様です。

如何に代表的な脱毛の方式についてまとめます。

レーザー脱毛:黒色に反応する高いエネルギーレベルのレーザー光を毛根に照射すると、毛根のメラニン色素に熱が伝わり、毛母細胞が破壊されて毛の再生が阻害される。
メラニンに反応するので、日焼けしている部分や炎症のあるところには照射出来ません。

電気針脱毛:針を毛穴の一つ一つに差し込んで、その針に弱電流または高周波電流を流して、毛根部を破壊して以後の毛の再生を阻止する方法。大きな痛みが伴う。最近の電気針は、皮膚の表面に触れる部分に特殊コーティングを施し、その部分は電気を通さないため従来の針と違って炎症や色素沈着を引き起こす事が少なく、従って痛みもだいぶ軽減されているようです。

フラッシュ脱毛:光脱毛とも言われ脱毛エステサロンでの脱毛方法の代表的な方式です。IPL(インテンス パルス ライト)とかSCC(スムーズ スキン コントロール)とかよばれるものも光脱毛です。
レーザーより弱い光を当てて毛根を焼いて発毛効果を低減させ(IPL)たり、光と抑毛効果のある特殊ジェルの合わせ技で毛根の発毛力を低減させる方式です。レーザーに比べてエネルギーレベルが低く、又毛周期も考慮して2,3ヶ月に一度、全部で6~8回くらい施術するのが普通です。

毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックス:毛を毛根から物理的に強引に抜く方法です。痛みを伴い、毛穴が傷つき、途中で毛が切れたりして炎症や埋没毛(埋もれ毛)、毛嚢炎の原因になるのでお勧めでは有りません。

熱線式:これは以前ノーノーヘアというものが流行りましたが、熱で毛を焼き切るたいぷです。火傷など肌を痛めるので、これもお勧め出来ません。

脱毛クリーム:除毛クリームとも言うべきもので、毛を溶かして取ってしまうものです。急ぎの時などには良いでしょう。

脱毛ローション:抑毛成分として効果が有るとされるイソフラボンを含んだローションなど。毛根の活動を抑えてムダ毛を薄く抜けやすくします。脱毛とは言いますが、実体は抑毛効果を期待するものです。従って、効果を確認するまでには長期戦を覚悟する必要があります。
 

この様に、脱毛には色々の方式が有って、費用も大きく異なっているので、気になる部位ごとにコスパを考え緊急性とを考え合わせて自分なりのベストミックスを見つけるのが良いでしょう。

脱毛をすると、次に気になるのはむき出しになる肌の部分の黒ずみです。

特に、バストトップ、ワキ、デリケートゾーンの黒ずみは悩みの種になるので、しっかりケアして上げましょう。

 

© 2018 脱毛 rss