永久脱毛はどんなもの

永久脱毛とは

永久脱毛の定義は、日本でも米国電気脱毛協会のものを使っていますが、 「脱毛の終了から1か月後の時点で毛の再生率が20%以下の場合」ということで、 1回で完全に毛の再生が無くなるという訳では有りません。 しかし、この内容の脱毛を毛周期に合わせて繰り返して施術していけば、殆ど再生の見られない程になります。

永久脱毛の方法

永久脱毛は医療行為なので、美容外科、美容クリニックでのみ受けることが出来ます。 その内容は、高いエネルギーレベルのレーザーを使ったレーザー脱毛と、毛穴一本一本に針をさす電気針脱毛の2つの方法です。 高いエネルギーレベルの為に短期間での高い効果が期待できます。その一方で毛根や皮膚への影響も大きいのでトラブルの起こる可能性も有り、その場合すぐに治療対応が出来ると言う事で、永久脱毛は医療行為とされている訳なんです。脱毛効果は高いのですが、痛みも有り、保険診療対象外と言う事で治療費も割高になるのが特徴です。 脱毛エステサロンでは、永久脱毛と表立って宣伝することは厳密にいえば違法ですので、色々微妙な表現を使って、夫々の効果をPRしているところが多いようです。 高いエネルギーレベルの照射が出来る機械を使用することが出来ないため、医療機関と比較すると効果の発生する期間としては当然長めとなりますが、肌のアフターケアや美肌という面では美容サロンの得意分野なので、施術を受ける側の満足度としては高いと言えます。


ムダ毛の悩みの深刻度によって、費用と期間を考慮して医療機関にするか脱毛エステサロンにするかを比較検討するのが良いでしょう。

永久脱毛は医療行為で、医療機関だけでしか施術が出来ないのですが、最近では皮膚科のドクターがプロデュースした脱毛サロンが、進化した脱毛を提供しています。

例えばこのサロン。

 

© 2018 脱毛 rss